Respect yourself.

自分の願いを、自分の言葉で。


人が悩んだり、行動したいのに踏み出せない・・・というとき、
そこには必ず願いがあります。

 「ない」ではなくて「あるもの」に目が向けられたとき
あなたの中でなにかが動いていきます。